フレッツ光以外に光回線ってあるの?

フレッツ光以外にも、光回線はたくさんあります。
フレッツ光は、NTTが提供している光回線です。
以前は光回線と言えば、NTTの行っているフレッツ光が主流でした。
現在もフレッツ光が最大の契約数となっていますが、他にも幾つかの通信会社が光回線を提供するようになり、選択肢は増えています。

一部の地域に特化した光回線サービスというのもあります。

例えば、eo光は関西エリアで利用できる光回線として、関西圏で注目されているインターネット回線サービスです。

消費者は、速度や料金などを考慮して、数多くの選択肢の中から、自由に光回線を選べるようになりました。

ブロードバンドでは、現在は光回線が主流ですが、少し前まではADSLの利用者が多く、光回線は高額というイメージが強かったようです。
高額であっても、動画を見るときなどは光回線でないとなかなかスムーズにいきませんし、通信速度も出ないため、料金が高くてもフレッツ光を利用する人はそれなりにいました。
フレッツ光なら動画がスムーズに再生されて楽しめるし、動画でない普通のウェブページもごく短時間で表示されるため、ストレスなくインターネットが楽しめるから、費用対効果があるというわけです。

しかし、フレッツ光しか選択肢がなかった頃は、光ファイバーを引ける地域も限られていましたし、工事費も高く、まだまだ普及はしていませんでした。
動画を見ない利用者の中には、ADSLでも体感時間は変わらないと感じる人も多かったようです。

NTT以外に光回線を提供していたのは、KDDIのauひかりでした。
どちらも回線の最大速度は同じです。
ただ、マンションなどで光回線利用者が少ない場合は、auひかりのほうが速度が早いです。
NTTは以前の電電公社で、KDDIは国際電信電話会社です。
2社が提供しているとは言え、フレッツ光が主流であり、光回線利用者のほとんどがフレッツ光を利用していました。
ほとんど独占状態とも言える状況だったと言えます。

その状態が大きく変わったのは、2015年のことです。
光コラボというシステムにより、フレッツ光の回線を、他の通信会社も利用できるようになり、ソフトバンク光やU-NEXT光、So-net 光などが登場しました。
ソフトバンクなどの通信会社が、フレッツ光の回線を利用し、プロバイダーとして、利用者に提供するというものです。
これは、以前はNTTが独占状態だった電話回線を、通信の自由化で他の会社も利用できるようになり、マイライン登録やマイラインプラス登録が促されるようになったのと同じ状況です。
通信の自由化で、長距離電話料金は破格の値段になりました。
それと同じことが起きようとしています。