ウェブ会議を使えば満員電車に乗らなくてよくなる!?

翌日満員電車に乗って出勤しなければならないことを考えるだけで、日曜日の夕方には憂鬱になってしまうという人は少なくありません。
それほど通勤ラッシュというものは体力や気力を使わなければならないということでしょう。
しかし、最近はだんだんとそんな満員電車と決別できるワークスタイルを導入し始めた企業が増えてきています。

その大きなポイントとなっているのがウェブ会議です。
企業内でウェブ会議を導入することによって在宅ワークが可能となり、インターネットにつなげられる環境さえあれば、満員電車に乗って毎朝出勤しなくても済むという働き方が実現するようになりました。

ウェブ会議では直接同じ場所に着席していなくても、ミーティングや社内交渉等が可能となります。
これは朝の満員電車の憂鬱が解消されるだけではなく、実は企業にとっても経費削減に大いに役立っていると言えるでしょう。

例えば結婚や出産で、子育てのために今までは会社を辞めざるを得なかった女性でも、在宅というワークスタイルならば仕事を続けることができます。
会社はひとりの社員を一人前に育てるために多大なコストをかけています。
せっかく仕事を覚えて戦力になった社員に辞められては、また最初からコストをかけて新しい人を雇用しなければならなくなります。
しかし、ウェブ会議を導入することで子育て中の女性や介護などの家庭の事情で今までは戦列を離れなければならなかった社員を雇用し続けることができるようになります。

経費削減はそれだけではありません。
社員が全員毎日出社することでかかるオフィスの電気代や暖冷房のコストも大幅に節約が可能となります。
また、毎日出勤する必要がなければ、社員の交通費である定期代も毎月支給する必要はなくなり出勤の状況に合わせて支給するという形を採ることで余計なコストが削減できるはずです。

このようにウェブ会議は、さまざまな可能性を提示してくれると言っても良いでしょう。
社員は在宅というスタイルをとることで通勤ラッシュの憂鬱から解放されストレスを感じることなく仕事ができ、企業は柔軟な働き方を社員に提供することで大幅な経費削減を期待することができます。

つまりウェブ会議導入は、雇用する側にとっても雇用される側にとっても大きなメリットを提供してくれるということが言えるでしょう。
これからの世の中は、ウェブ会議を利用することでますます柔軟なワークスタイルが世間に定着していくのではないでしょうか。